記事一覧

    特発性血小板減少性紫斑病(ITP)とピロリ菌除菌療法の因果関係は不明

    特発性血小板減少性紫斑病患者の多くが
    ピロリ菌陽性で除菌により血小板数が
    改善したという報告がイタリアでされた。

    ピロリ菌は胃がんや胃潰瘍だけでなく
    鉄欠乏性貧血にも関連性ありと
    されている。

    特発性血小板減少性紫斑病で
    ピロリ菌除菌によってなぜ
    血小板数が上がるのかは不明のままである。

    ピロリ菌は強酸性の胃酸のなかでも
    しぶとく生きるほど耐性があり
    まだまだ謎が多い。

    一次、二次除菌は保険適用されるので
    今後のリスク軽減のために
    貧血やITPでない人も除菌するのが
    望ましいといえる。

    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    100位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    60位
    アクセスランキングを見る>>