記事一覧

    放射線による肺がん治療とその副作用

    肺がんの治療には放射線が中心となる。
    その結果、放射線肺炎(正式には放射線肺臓炎)が起こる可能性がある。

    肺は放射線に弱い臓器であるため、
    傷害された肺組織では主に肺胞の外(間質)に炎症が引き起こされ、
    肺の線維化が起こることもある。

    放射線治療中から終了後6ヶ月以内に発生する可能性が高い。

    息切れ、せき、発熱などの症状が起こりやすいが、無症状の場合もあるようだ。

    対症療法のほか、症状進行があるならステロイド剤(副腎皮質ホルモン剤)を
    投与されることになる。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    12位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    11位
    アクセスランキングを見る>>