記事一覧

    大腸がんとIRIS(アイリス)療法

    IRIS療法は経口薬のティーエスワンと点滴薬のイリノテカンの2剤を併用する
    抗がん剤治療のレジメンである。

    FOLFIRI(フォルフィリ)療法に代わるレジメンとして中心となっている。

    レボホリナート(l-LV)+フルオロウラシル(5-FU)+イリノテカン(CPT-11)

    FOLFIRI療法は46時間にわたって、5-FUの持続静注が必要のため、
    前腕や鎖骨付近に手術でCVポートを埋め込む必要がある。
    ポートだけではなく、ポンプも常時身につけた状態で過ごす2日間になるため
    負担が大きい。

    IRIS療法ではTS-1が経口薬のため負担が少ないのが特長で
    フォルフィリ療法に比べて非劣性とされている。

    アバスチンを加えた
    アバスチン+IRIS療法が増えている。
    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    132位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    76位
    アクセスランキングを見る>>