インフルエンザワクチンを製造する際にホルマリンが使われている - ヒーローウォーズ攻略投資透析情報局

    記事一覧

    インフルエンザワクチンを製造する際にホルマリンが使われている

    インフルエンザが流行する季節だが
    今年はワクチンが不足しているという。
    みんなワクチンを打ちたがるが
    そんなに効果あるのだろうか?
    打つことで副作用が起こらないのか?

    インフルエンザワクチンの有効率は
    60%程度とされるがこれは
    100人中60人がかからない、という
    意味ではない。
    実際にインフルエンザにかかるのは
    せいぜい100人に5人、5%程度。
    ワクチンはこの5人のうち、60%に
    減らすことができる。
    実際にインフルエンザに かからなくなる比率は
    5%✖60%で3%、
    かかる確率は5から2%になる。
    これをすごいと言えるか微妙。

    更にインフルエンザワクチンは
    ウイルスを不活化するために
    ホルマリンが使われている。
    健康被害が出る可能性は大きい。

    それでもワクチンを打ちたがる。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    8位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    7位
    アクセスランキングを見る>>