記事一覧

    売上は現金と売掛金で分けないといけないのが面倒

    ある一日の売り上げが現金1万円、クレジット支払い1万円の2件だったとする。
    その場合、売り上げは2万円、現金1万、売り掛け1万ということになる。

    仕訳方法としては

    〇月×日
    現金1万       売上2万
    売掛金1万

    銀行振り込みだった場合は現金ではなく普通預金(もしくは当座預金とか)に
    科目が変わる。

    仕訳入力をごまかして売上を過小申告している可能性も疑われるので
    レジロール紙や集計表も保管しておかなければならない。
    零細ラーメン屋とかならレジを打たないで売上自体が存在しないと
    ふるまうことも余裕なのではないだろうか。

    太陽光発電の場合は検針の後に売上が銀行振り込みされるので
    ごまかしようがない。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    43位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    28位
    アクセスランキングを見る>>