記事一覧

    2017年セルフメディケーション税制のメリットとデメリット

    来る2018年3月の確定申告(2017年分確定申告)から
    新たに導入されるセルフメディケーション税制。
    あまり浸透していないイメージではあるが
    メリットとデメリットについて考察したい。

    <セルフメディケーション税制の概要>
    定期健康診断などを受けている人が、2017年1月1日以降に、市販薬(要指導医薬品および一般用医薬品)のうち、
    医療用から転用された特定成分を含む医薬品を年間1万2000円を超えて購入した際に、
    1万2000円を超えた部分の金額(上限金額:8万8000円)について所得控除を受けられる。

    従来の医療費控除とは併用できない。従来の医療費控除を受けるか、
    セルフメディケーション税制による控除を受けるか確定申告にて選択することになる。

    <メリット>
    従来の医療費控除では低所得者を除き10万円を超えた部分について所得控除が受けられた。
    セルフメディケーション税制ではその基準が年間1万2000円とかなり下がることで
    控除を受けられるハードルが下がったと言える。

    <デメリット>
    従来の医療費控除は特に上限が定められていない青天井だったがセルフメディケーション税制は
    8万8000円までの上限がある。もっとも8万8000円も市販薬を購入する個人は
    ほとんどいないと推察される。

    市販医薬品の範囲が非常に狭いのもデメリット。単なる市販薬ではなく
    スイッチOTC(医療用から市販用に転用された成分を含む医薬品)でないとダメな点。
    具体的にはロキソニンSやアレグラFXなんかが該当するが単なるビタミン剤を
    いくら買ったところで対象にはできない。

    従来の医療費控除ならば医療を受けた施設(病院や薬局)への交通費についても
    医療費に盛り込むことができた。しかし、セルフメディケーション税制では交通費は
    適用されない。マツキヨにバスに乗って買いに行ってもバス代は対象外ということだ。

    <結局どんな人が恩恵を受けるのか>
    持病で1年中通院しているような人ではなく、例えば花粉症の季節(2月から5月)だけ
    スイッチOTCであるアレグラFXを服用するような人。
    年間の対象医療費が8万8000円以下の人。
    更に従来の医療費控除対象額がスイッチOTC購入額より少ない人。

    花粉症だけで4か月アレグラFXのみ購入するような人であれば
    その総額は2万円もいかないはず。
    従来の医療費控除では年間医療費2万では一切控除されないが
    セルフメディケーション税制では2万全てが控除対象となる。

    <なぜ盛り上がってないの?浸透してないの?>
    日本は圧倒的高齢社会であり、既に日本人の多くは従来医療費が10万円を
    超えてくる高齢者になっている。その人たちにとってみれば毎年通りなので
    セルフメディケーション税制には見向きもしない。
    必然的に若くて比較的健康な人が対象だがそのような人は
    確定申告自体に興味がなく領収書もポイ捨てしている可能性大。
    更に購入額が下限である12000円にも届かない層は非常に多いはず。
    たとえ12000円を超えて2万円購入したとしても、
    確定申告で2万円税金が返ってくるわけではない。
    税率(5~45%、一般的には20%くらい)分だけしか返ってこない。
    仮に税率20%だったとしたら4000円分である。
    確定申告やったことない層にとっては面倒な手続きをこなして
    4000円還付、と聞いて魅力的に感じることはないだろう。

    私みたいに確定申告マニアでふるさと納税やったり医療費控除やったり
    株式やったり事業やったりしているような層ならば
    嬉々として適用するだろうが、そうではない層が圧倒的多数なのが事実である。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    36位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    23位
    アクセスランキングを見る>>