記事一覧

    大動脈解離と大動脈瘤との違いは?ステントグラフト内挿術による治療

    大動脈瘤と大動脈解離の違いについて。
    場所はどちらも大動脈、心臓からつながる太い血管で
    血流量も多いため破裂すると重篤な事態となる。

    大動脈瘤はこぶができるのに対し、大動脈解離は血管自体が裂ける。
    大動脈瘤はゆっくりこぶが大きくなるのに対し、大動脈解離は突然裂け、
    胸部から背中にかけての激しい激痛が起こる。すぐに手術対応となる。

    全身に血液を送る大動脈は体の中で最も太い血管で、心臓から上向きに出た後
    頭や腕などに血液を送る3本の血管を枝分かれさせながら弓状に左後方へ大きく曲がり
    ほぼ背骨の前面に沿って腹部方向に下っている。

    心臓から横隔膜までを胸部大動脈、横隔膜から下の部分を腹部大動脈という。

    大動脈の中には高い圧力(血圧)がかかっているので、動脈硬化などで弱くなった部分があると、
    血管の壁が薄くなって大きく膨らんだ状態が動脈瘤だ。

    動脈瘤があっても特に自覚症状を感じないことがほとんどだが
    放置しておくと破裂して大量出血した上死亡する恐れもあるので
    速やかに対処する必要がある。

    治療法は従来の切開術に代わってステントグラフトによる治療が主流となってきた。
    ステントグラフトは人工血管にステントといわれるバネ状の金属を取り付けた
    新型の人工血管で、これを圧縮して細いカテーテルの中に収納して
    患部までカテーテル経由で届ける。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    92位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    55位
    アクセスランキングを見る>>