記事一覧

    鶴ひろみさんの死因となった大動脈剥離とは?大動脈解離との違い

    基本的に大動脈剥離は大動脈解離のことである。
    恐らくニュース記事の誤字だろう。
    大動脈解離は非常に死亡率の高い疾患で
    普段の高血圧、高脂血症によって血管がダメージを受けていると
    発症するリスクが高まる。

    胸部から背中にかけての激しい痛みであり、
    緊急手術が必要である。
    手術の甲斐なく亡くなることも多い。

    強烈な痛みは患者の96%に見られ、解離の場所を推定するのにも重要な症状である。
    しかし解離が腹部大動脈まで及ぶと「全身を動き回るように痛む」とも言われている。
    加藤茶が、2008年にStanford Aを発症した際の痛みとして述べたことがある。
    心不全症状を起こすこともあるほか、初発症状が突然死であることもある。
    また、解離によって血圧の上昇または低下が起こるほか、胸水の貯留が見られることもある。
    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    162位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    87位
    アクセスランキングを見る>>