記事一覧

    ふるさと納税、返礼品見直しで多くの自治体で減少へ転じる

    総務省の通知で返礼品は寄付額の3割以下に留めるようにされた。
    そのため、大盤振る舞いしていた上位自治体は還元率を抑えられ、
    その結果寄付額が減少しているようだ。
    まあ現金なものである。

    総額としては増加する見込み。
    一部の自治体に集中しすぎていた寄付が
    分散されるのはいいことだと思う。

    ふるさと納税の昨年度の受け入れ額上位100自治体に2017年度見通しを聞いたところ、
    6割の自治体で減少を見込んでいることが日本経済新聞の調査で分かった。
    過度な競争を抑える総務省の通知で、返礼品を見直したことが影響する。
    全体では増加するとみられるが、上位100自治体が全体の5割を集めていたのが、
    通知の効果で分散しそうだ。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    18位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    15位
    アクセスランキングを見る>>