記事一覧

    世界三大銘茶はキーマン、ダージリン、ウバだってそれぞれの特徴と違いを比較

    世界三大銘茶は紅茶の高級品の代名詞とされる。

    茶葉の産地は、以下の通り。

    キーマン:中国安徽省祁門県、
    ダージリン:インド西ベンガル州
    ウバ:スリランカウバ州

    どれも共通して標高の高い土地において独自の製法によって作られている。

    特長は次の通り。

    キーマン:外観は細く美しく整った条形の茶葉で、色沢は艶のある黒色、
    上級茶には黄金色のティップが混ざる。蒸らし時間は5分又はそれ以上を要する。

    ダージリン:紅茶の中でも特に香りを重視される紅茶である。
    香りを楽しむためストレートティーで飲まれることが多い。

    ウバ:適度な渋さを伴う深い味わいと、ウバフレーバーと呼ばれる特徴的で鮮明な香気をもっている。
    ミルクとの相性が良く ミルクティーとして楽しまれることも多い。
    サリチル酸メチルのようなさわやかな芳香。

    キーマンとウバはあまり聞きなれない名称で高級で手に入りにくいのだろう。
    ダージリンはセイロンティーと並んでよく聞く名前である。
    実際のダージリンはごくわずかだという。
    それ以外は粗悪品も多い。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    68位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    40位
    アクセスランキングを見る>>