記事一覧

    空間除菌としての二酸化塩素と次亜塩素酸の比較違い。プラズマクラスターやナノイーは?

    そろそろインフルエンザ流行期となり
    細菌ウイルス対策が必要となる季節。
    空間除菌商品として次亜塩素酸発生装置の
    ジアイーノ、二酸化塩素が発売されている。
    これらの違いを比較した。

    二酸化塩素のメリットはコストが安く
    用意できることである。
    使い捨てパッケージであるが
    置くだけで使える手軽さが売りだ。
    肝心の効果であるが発生する
    二酸化塩素濃度が低すぎて十分な除菌効果を
    期待できないとされている。
    トイレといった狭い空間ではある程度
    期待できるもののリビングを含めた大空間では
    効果不十分となる見込み。
    プラズマクラスターやナノイーなどと
    大差ない。

    一方次亜塩素酸発生装置のジアイーノは
    本体価格が非常に高い。
    ランニングコストも専用の塩タブレットを
    購入するためかかるのが大きい。
    水も補給してあげる必要あり。
    その分次亜塩素酸の効果は実証されており
    有意な差があると言えるだろう。
    リビングなどの大空間でも効果を発揮する。

    結論としてトイレといった狭い空間では低コストの
    二酸化塩素、リビングなどの大空間では
    ジアイーノと使い分けるのがベストだ。
    プラズマクラスターやナノイーといったシステムも
    あれば併用するとよりベターだ。

    どちらも吐瀉物や糞便からの細菌ウイルスには
    十分な除菌効果がないと言えるため、
    より高濃度な次亜塩素酸での殺菌処理が
    求められる。
    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    99位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    61位
    アクセスランキングを見る>>