記事一覧

    人間として食べ残しを是とするスタンスが貧しい

    昨今のロカボブームやらで炭水化物を残す人が増えている。
    糖尿病を回避するために炭水化物を減らすことがいいことではある。
    ただし、それと出てきたものを平然と残すスタンスは同義とするのは
    間違っている。

    飲食業では食べ残しは食品廃棄物として
    有料で廃棄している。
    お金を払ったのだから残そうが勝手、という考え方は正しくない。
    アフリカの貧しい子供たちのため、などと言うつもりはない。
    日本での飽食とアフリカの飢餓を簡単に結びつけることはできない。
    壮大なテーマは抜きにして今目の前にある食べ物は
    食べ切るべきだ。
    食べられないと思うのなら事前に伝えて減らしてもらうべき。
    食べられると思ったけどやはり食べきれなかったこともあるだろう。
    それは仕方ないが残すことが権利で自分は悪くないと考えるべきではない。
    飲食業としても一定量の廃棄は出ることを想定して価格設定しているが
    やはり苦労して作った料理を残されるのは非常に不本意だろう。

    私のポリシーとしてきれいに食べる、というのがある。
    それはお箸の持ち方、咀嚼音、ドッグイートといった部分だけではなく
    出されたものを残さず食べるということも含まれる。

    合成食品を食べる近未来のディストピア。
    そういった空想の世界が将来来ないとも限らない。
    日本は人口減少だが世界の人口爆発と食糧危機、
    難民受け入れ。飽食の時代はいつ幕を下ろしてもおかしくはないと
    国民全てが自覚するべきだ。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    16位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    13位
    アクセスランキングを見る>>