記事一覧

    基礎控除、年収2400万円から縮小?基礎控除が変動するのはどう考えてもおかしい

    なんかおかしな話になってきたぞ?
    基礎控除というのは年収に関係なくすべての人が
    受けられる控除という位置づけだったはず。

    基礎控除を増やす代わりに給与所得者の給与所得控除を
    段階的に減らしてバランスを取り、
    フリーランスや自営業の人を減税にする予定だったはず。

    正直年収2400万もあれば基礎控除が38万でもゼロ円でも
    大して変わらないのでは?
    基礎控除はそのまま全員固定で給与所得控除をがっつり
    減らせばいいんじゃないのか?

    基礎控除は現在の38万円から10万円引き上げ
    48万とするらしい。

    給与所得控除の減少幅についてはまだ報道されていない。

    国税庁のページにも基礎控除の概念について次のように書かれている。

    確定申告や年末調整において所得税額の計算をする場合に、総所得金額などから差し引くことができる
    控除の一つに基礎控除があります。基礎控除は、ほかの所得控除のように一定の
    要件に該当する場合に控除するというものではなく、一律に適用されます。
    基礎控除の金額は38万円です。

    誰しも一律に適用される、という点。
    それが崩れるのはおかしい。

    基礎控除は一律引き上げで給与所得控除の段階的縮小、
    更には所得税率の細分化と累進課税ラダーUPが
    合理的だと思う。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    26位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    17位
    アクセスランキングを見る>>