記事一覧

    ケンタッキー・フライド・チキンクリスマス限定チキンテンダー部位、テンダーロインとの違い

    そろそろクリスマスの足音が近づいているが
    ケンタッキーにはクリスマス限定の
    チキンテンダーというメニューがある。
    テンダーロインというステーキはあるが
    それとの違いについて迫った。

    ケンタッキーのチキンテンダーは要するに鶏ささみである。
    ささみは胸肉に近接した部位でホワイトミート。
    脂肪が少なく、淡白な風味がある。形が笹の葉に似ていることから付けられた名称。
    サラダ、和え物に良い。中央に固い筋があり、筋を取り除いて販売されることもある。
    タンパク質の含有率が高く、低脂肪。各部位の中でも比較的高値である。
    ボディービルダーに愛される部位でもある。

    脂肪は少ないがケンタッキーにおいて低脂肪なんて求めていないので
    あまり人気はないと思われる。
    オリジナルチキンにおいてのキール的ポジション。議長じゃないよ。

    それとは変わってテンダーロインは要するにひれ肉である。
    大腰筋という、骨盤の内側にあって大腿骨と脊椎骨を結ぶ1対の棒状で結合組織が少ない筋肉。
    肉の部位のなかでは最も運動しない箇所であるため、非常に柔らかく脂肪がほとんどない。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    12位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    10位
    アクセスランキングを見る>>