記事一覧

    トップバズビデオ(TopBuzzVideo)での収益の仕訳タイミングはいつか。

    動画投稿にて収益を上げている場合、
    その収益を記帳する必要がある。
    グーグルアドセンスに紐づいているユーチューブの場合は
    グーグルアドセンスに則ればいいのだが
    トップバズビデオの場合は仕訳タイミングはどうすればいいだろうか。

    最初にトップバズビデオの収益計上システムと
    引き出し可能システム、振込手数料と源泉徴収所得税について考察する。

    収益の計上自体は毎日アメリカ東時間19時時点で集計し計上される。
    ただしこの毎日の計上イコール売上の発生とするのには時期尚早である。
    トップバズビデオの場合売上が5000円を超えなければ引き出すことが不可能である。
    要するに4999円99銭までは売上確定していないと言える。
    従って売上の発生は5000円を超えた時点と捉えていいだろう。
    もちろん仕訳では1円未満は記入できないので捨て置いてよい。

    振込手数料は支払手数料勘定で、源泉徴収所得税はそのまま所得税にて仕訳する。

    現状毎日数十円とか蓄積されているのだが1回目の引き出しが成功しない限りは
    トップバズビデオを信用することはできない。
    4999円99銭の段階で支払い停止にすることもできるからだ。

    ユーチューブとグーグルアドセンスの場合はそんなことはない。
    毎月の集計は翌月1日には計上され、サイトで問題があっても
    取り消しされることはない。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    14位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    11位
    アクセスランキングを見る>>