記事一覧

    ルンバに最上位機種980が登場!800シリーズとの比較違いを考察する

    今度の「ルンバ」はカメラ付き! ルンバ史上最高性能モデル「980」が誕生

    ということで980が登場した。
    市場想定価格は12万5000円と非常に高価である。
    価格ドットコムでの最安は10万3,999円となっている。

    新しいナビゲーションシステムを採用し、これまで以上に効率的に清掃できるのが特徴とのこと。

    ロボット掃除機の魅力は、「スイッチを押すだけで、ほおっておいても自動で部屋を掃除してくれる」点だ。
    「ルンバ980」では、そのためのナビゲーション技術が大きく進化した。
    「ルンバ980」には、これまでの最上位モデル「ルンバ800」シリーズに搭載されている
    数十個のセンサーから送られる情報を元に部屋の状況を把握する人工知能「iAdopt」に加え、
    同社独自のマッピング技術「vSLAM」を導入。本体上部にカメラ、底面に方向や移動距離を
    計測できる「フロアトラッキングセンサー」を搭載した。
    これが、ルンバの新しい人工知能「iAdopt2.0ビジュアルローカリゼーションシステム」だ。
    「iAdopt2.0」により、「ルンバ980」はフロアの間取りを認識して“地図”を作る「マッピング」と
    ルンバ自身の位置情報の把握を同時に行うことが可能となった。

    うん、長くて分かりにくいな。
    800シリーズはiAdoptのみだったが980はvSLAMも付いているということか。

    更にバッテリーが大幅強化され、最大25畳から最大112畳へと
    清掃可能エリアが格段に広がっている。
    112畳ってどんな大豪邸なんだよ。

    吸引力も800シリーズの2倍になっているようだ。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    12位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    10位
    アクセスランキングを見る>>