記事一覧

    フライドチキンはサイを食いたいのにケンタッキーでは部位指定できないのでファミリーマートしかない

    クリスマス間近でフライドチキンを食べる季節である。
    元々はターキーらしいが日本ではフライドチキンが定着している。

    そんなわけでフライドチキンの人気部位ランキング:

    一位は断然のサイ。ダークミートである鶏の腰部分。
    肉厚でジューシー。肉量も最も多い。
    そのためケンタッキーフライドチキンでは1.5個換算とされている。

    二位はドラム。ダークミート。太もも足部分。
    形が食べやすいのでお子様に人気らしい。
    肉量はあまり多くないが1個換算だ。

    三位はリブ。ホワイトミート。胸肉。
    パサパサしているが脂身が少ないので好きな人は多い。
    あばら骨部分が多くて面倒。

    四位はウイング。ホワイトミート。手羽部分。
    それなりに肉量はあるが0.5個換算となっている。
    サイとペアで計2個として処理される。

    最下位はキール。胸の部分、ささみ。
    ホワイトミート。1個換算。すげえパサつく。

    そんなわけでみんな大好きサイなのだがケンタッキーフライドチキンでは
    部位指定は不可。6ピース購入してサイは1個なのが普通である。
    サイばかりを食いたい。

    そうなるとファミリーマートのファミマプレミアムチキン(サイ)しか選択肢がない。
    税込み220円とケンタッキーよりは割安だが
    ジューシーさは決して負けていない。

    日本はもも肉大好きなのでムネニクは人気がないのだ。

    サイをフライドチキンにしてドラムもフライドチキンになるので
    残った胸肉はおそらくサラダチキンとかにされているのだろう。
    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    136位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    74位
    アクセスランキングを見る>>