記事一覧

    チョコレートと準チョコレートの違いを比較してみた

    私の好きな駄菓子に日本一ながーいチョコというのがある。
    ウマい棒みたいなコーンパフにチョコをかけピーナツをまぶした
    長いアレである。

    品目を見ると準チョコレートと書かれているが準チョコレートとは何なのだろうか。
    チョコレートに準ずるもの、チョコレートより多く不純物が入っているもの
    という推測は容易に立つ。

    グリコホームページによると

    「チョコレート」とはチョコレート生地だけか、チョコレート生地を全重量の60%以上使用した加工品。
    チョコレート生地とはカカオ分が35%以上、或いはカカオ分が21%以上でそれを合わせた乳固形分が35%以上のもの。

    「チョコレート菓子」とはチョコレート生地が全重量の60%未満で、
    ナッツやフルーツなど他の食材とを組合わせたチョコレート加工品。

    「準チョコレート」とは準チョコレート生地単独か、準チョコレート生地の比率が60%以上の加工品。
    準チョコレート生地とはカカオ分が15%以上或いはカカオ分が7%以上でそれを合わせた乳固形分が12.5%以上のもの。

    「準チョコレート菓子」とは準チョコレート生地が全重量の60%未満で、
    ナッツや、ビスケットなど他の食材とを組合わせたチョコレート加工品。

    例えばグリコのポッキーは準チョコレート菓子に分類されている。
    明治のチョコレートはチョコレートに分類される。
    チロルチョコはものによってチョコレートと準チョコレートに分かれているようだ。

    チョコレート生地と準チョコレート生地を比較してみる。

    チョコレート生地:カカオ分が35%以上、またはカカオ分が21%以上でそれを合わせた乳固形分が35%以上
    準チョコレート生地:カカオ分が15%以上、またはカカオ分が7%以上でそれを合わせた乳固形分が12.5%以上

    要するに準チョコレート生地は高級なカカオをあまり使用せず代わりに植物油脂や
    砂糖をドバドバ入れて作られている安価なチョコ代替品と言えそうだ。
    上の数字を見てみても20%以上の開きがあるのが驚愕である。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    23位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    18位
    アクセスランキングを見る>>