記事一覧

    ハムとベーコンの違い、更にスモークハムとは?

    ハムとベーコンは部位と製造過程が異なる。

    ハムはもともとはもも肉のことだがロースを使ったロースハムも存在する。
    ベーコンはあばらの肉、ばら肉を使う。

    ハムは燻製した上で湯煎している。
    ベーコンは燻製のみ。

    ハムはタコ糸で縛ることが多いが
    ベーコンはそのまま。

    食べ方も異なる。ハムはそのまま食べたりサンドウィッチに挟んだりする。
    赤身が多いのでしつこくない。
    ベーコンは脂身が多いのでそのまま食べることは少なく
    焼いてベーコンエッグにしたりする。

    スモークハムはハムの種類で燻製から湯煎をして完成させたものを
    更にスモーク(燻製)することでより深い香りづけを行っている。
    工程が1段階多い分通常のハムよりも高価と言えるだろう。

    ロースハムは日本独特のもので本来のハムはももハムと敢えて
    読んでいることがある。

    ロースは背中の肉を指している。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    18位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    15位
    アクセスランキングを見る>>