記事一覧

    赤門凱旋門から果たし状来たが「無料のものこそ力を入れるのだ」に感銘を受けた

    毎年年2回、VIPカード会員宛てに送られてくるダイレクトメール、通称果たし状。
    昔は本当に戦国時代の果たし状のように白い髪が丸めて書状になっていたのだが
    最近はコジャレタダイレクトメールになっている。

    プレミアムカードは前期と同じラインナップで安心。
    特に凱旋門の夢ランチ1680円(税抜き)はコスパがよすぎる。
    赤門はもやしナムル、やみつきキャベツ、フリードリンクが45円という驚異の価格である。

    それはそうと感銘を受けたのは会長の「大切なお客様へ」という文章である。
    以前は手書きで筆で記載していたのだが現在はタイピングになっている。
    手書きにしろ、とは言わない。手書きでなくても思いは伝わるものだ。

    赤門ではご飯おかわり無料である。何杯でもだ。
    そうしているのには会長の熱い想いがあった。

    昔はご飯おかわり有料であったがある時大学生がお代わりを躊躇してしまったのを
    見てご飯おかわり無料を決定したらしい。
    当然利益を圧迫する行為で反対が多かったらしいが
    「無料のものこそ力をいれるのだ」という会長の答え。

    無料なのだから安い米でもいいのでは、との意見を一蹴した。

    当時のこの決断が現在の赤門凱旋門の地位を決定づけたと言えるだろう。

    現代では糖質制限ダイエットが流行っており、ご飯の消費量も減少している。
    しかし焼肉と白飯を一緒に頬張ることは至福のひと時なのは間違いない。

    私は凱旋門メインであまり赤門には行かないが凱旋門においても
    ご飯大盛が無料であり、ありがたく享受させてもらっている。

    無料のものこそ力を入れる、言うのは簡単だが
    実行するのは非常に難しい。
    その理念には大変感銘を受け、私もそうあるべきだなと感じた次第である。

    スタンプラリーでもらった3万円お食事券はまだまだあるし
    来年もお世話になるよ、赤門凱旋門。
    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    153位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    84位
    アクセスランキングを見る>>