記事一覧

    ANA-JCBソラチカカードもあるけどね

    年会費2100円で入会、継続ともにボーナス1000マイルもらえる。
    またオートチャージも対応、ただしJRの定期券は載せられないようだ。
    東京メトロ利用でポイント(クレジットとは別)がたまり
    マイルに移行できる。ANA-SUICAには乗車ポイントというのはないようなので
    いくらJRに載ってもマイルが貯まることはない。
    この点でソラチカカードが優位に立っているようだ。
    また、10マイルコースでの移行手数料が2100円のソラチカに対し
    ANA-SUICAは6300円。この違いは国際カードブランドが
    違うためと思われる。

    JCBが発行するソラチカは他のANAカードと同じく2100円。
    三井住友が発行するANA-SUICAも他のANAカードに合わせて6300円。
    三井住友はこの価格差を解消しないとJCBに客が流れると思うのだが如何か。

    そんなわけでソラチカカードはANA-SUICAカードのシェアを圧迫しているとの噂。

    私は普通のVIEW-SUICAだがこれはこれでうまみがある。

    JR東日本のみどりの窓口やびゅうプラザ、各種券売機、携帯電話、モバイルSuicaにて、ビューカードで対象商品をご購入・ご利用いただくと、通常の3倍!1,000円につき6ポイント(15円相当)が貯まります。

    とのことでオートチャージや定期券購入では1000円につき15円相当還元が受けられる。
    しかしANAマイルへの還元はできない。
    スイカチャージかギフトカードに交換している。

    ANAマイル至上主義で行くならばソラチカカードだがJRとスイカの分まで
    ANAマイルにしなくても現金(に近い電子マネーかギフト券)で1.5%還元
    が受けられるVIEW-SUICAは年会費500円の元を充分取ってくれるカードと言える。
    ちなみにVIEW-SUICAも国際カードブランドはビザ、マスター、JCBと選べるが
    私はJCBを選択した。発行主体はJRになるので国際カードブランドによる
    違いはない。

    逆にいえばVIEW-SUICAで普通の決済をしても0.5%還元しか受けられないし
    一定額利用によるポイント上乗せ(JCBのスタープログラムや
    三井住友のワールドポイントシステムなど)はないので
    JR定期、乗車券、オートチャージ専用カードでしかない。

    と思ったら一応あったららしい。以下コピペ。

    ビューサンクスボーナスのご案内
    公共料金、お食事、お買い物などのお支払いでビューカードをご利用いただくと通常貯まるビューサンクスポイントにプラスして、年間のご利用額累計に応じてボーナスポイントがもらえる(ステージ達成の翌月となります)サービスです。
    ※Viewプラス対象商品及び一部の商品等については対象外となります。

    ということでJRとは関係ない普通の買い物を蓄積するとポイントもらえるらしい。


    1.5%還元なので500円の年会費を回収するには1年間で33333円分の
    JR関連利用をすればいいので首都圏在住でJRをよく使う人なら
    まず回収できる損益分岐点であろう。

    Web明細ポイントサービスを利用する(紙の明細書をもらわない)と
    1カ月20ポイント(50円相当)が付くので
    3か月に1回明細がある(利用がある)と仮定すると

    1年間で4回合計80ポイント(200円相当)
    1年間のクレジット利用20000円(300円相当)

    となりよりハードルは下がるであろう。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    18位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    15位
    アクセスランキングを見る>>