記事一覧

    ゼルダの伝説夢を見る島で泣いた、FF10と同じく夢を見る島だった

    初代ゲームボーイの作品。
    時代背景としては神々のトライフォースをクリアした
    リンクがたどり着いた島での話のようだ。

    サブタイトルにあるように流れ着いたコホリントは
    夢を見る島だった。
    島から脱出するためにいろんな人に会い、
    冒険を進めていくリンクであったが
    とある迷宮にて真実を知ることになる。

    それはまさにFF10のザナルカンドにてキャンプを行った
    ティーダ一向と同じ結末を迎えることを暗示していたのだ。
    めざめのさかなと祈り子たちの夢である存在。

    任天堂から1993年6月6日に発売されたゲームボーイ用アクションアドベンチャーゲーム。
    FF10は2001年7月19日にプレイステーション2用ソフトとして発売された。
    なので夢を見る島はFF10よりははるかに古い作品であった。

    FF10において旅の途中で真実を知った際には思わず泣いてしまったのだが
    夢を見る島においても同じ気持ちになってしまった。
    進めたくない、でも進めなければならない。

    今となってはプレイすることは困難であるが
    プレイ動画は各所にあるので
    是非見てもらいたい作品である。

    リンクはマリンに想いを伝えることができるのか。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    37位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    24位
    アクセスランキングを見る>>