記事一覧

    愛知のスーパーフグ問題、チョウチンフグ、デデフグ、ヨリトフグいずれも同じ種類のフグ

    愛知県のスーパーでヨリトフグの肝が販売された。
    九州ではチョウチンフグ、神奈川ではデデフグというらしい。

    肝臓はトラフグ、マフグ、クサフグ、ヨリトフグいずれも食べられない、
    食べてはいけないとされている。

    地元住民の実績として肝臓は毒がなく問題なく食べているようだ。

    食品衛生法では肝臓の販売提供を禁止している。
    結果的に食中毒が増えてしまったことから
    禁止となっていたようだ。

    フグは卵巣、皮、精巣など種類によって異なるため
    注意しなければならない。

    フグは毒を食べるものを食べていることで有毒となるため
    食べるものによっては毒があるかどうかは異なる。
    個体差があるということだ。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    18位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    15位
    アクセスランキングを見る>>