記事一覧

    ステーキの焼き方、コシードとブルー

    コシードとはアルゼンチンで食べられる
    ウェルダンの中のウェルダン。
    最も火が通った状態を指す。
    完全に火が通ったガチムチの肉だ。
    アルゼンチンは熟成肉はなく
    新鮮な肉が主流だ。

    一方のブルーはレアの中のレア。
    フランスで最もレアな状態を指す。
    最高の生肉を野性的に食す。
    フランスは熟成肉の本場。
    低温で感想させ熟成させる。

    好みとしてはレア派なのだが
    アルゼンチンのコシードも旨そう。

    フォルクスでステーキ食いたくなったな。
    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    153位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    84位
    アクセスランキングを見る>>