記事一覧

    拡張期高血圧の原因と対策

    上の血圧、収縮期血圧は正常だが
    下の血圧、拡張期血圧が高い
    具体的には90mmHg以上の場合を
    拡張期高血圧という。

    原因としては
    細い血管で動脈硬化が進んでいると
    下の血圧が高くなる。
    高血圧になりたての人や60歳前の人が、
    比較的下の血圧だけ高くなりやすい。

    末梢の細い血管に動脈硬化が起こるのが
    主原因のようだ。

    拡張期高血圧は脳卒中や心筋梗塞リスクは
    正常血圧の人と変わらないようだが
    ほっておくと収縮期も高くなる可能性が高い。
    食事で塩分を控えるのはもちろん、
    運動によってコレステロール、中性脂肪を減らし
    動脈硬化の進展を防ぐ。

    医薬品としてはα遮断薬やカルシウム拮抗薬が
    拡張期高血圧を抑制しやすい模様。

    大動脈のふいご機能が衰えると
    大動脈が血液を蓄えることができなくなり
    収縮期血圧は急上昇し
    拡張期血圧は逆に低下する。

    高齢者になるほどふいご機能の衰えによって
    拡張期血圧が低い人が多くなる。

    ある意味拡張期高血圧は若い証拠でもあるが
    当たり前ながらどっちも正常なのがベストだ。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    37位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    23位
    アクセスランキングを見る>>