記事一覧

    独自ドメイン取得費用の勘定科目について検討する

    独自ドメイン取得費用はどの勘定科目にすべきであろうか。
    性質は多様であり、支払い手数料、通信費、宣伝広告費といった
    もののいずれかにしている企業が多いようだ。

    独自ドメインというサービスに対する対価として支払手数料と考えることもできる。
    インターネット接続に付随するものとして通信料とすることもできる。
    自社サービスを宣伝するための費用として宣伝広告費とすることもできる。

    私の場合ブログや動画投稿に対する対価として売上を受け取っているわけで
    独自ドメインによってブログや動画が宣伝されやすくなるとの意味合いから
    宣伝広告費として取り扱うことに決定した。
    一度決定した勘定科目は年度ごとに変更することはできず
    生涯固定とする必要があるため初年度の検討が重要なものとなる。

    要するに宣伝広告費はこれまで発生していなかったので
    全体のバランスを考慮して勘定科目を決定したとも言えなくもないわけだ。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    41位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    26位
    アクセスランキングを見る>>