記事一覧

    歴史の敗者に惹かれる判官びいき、真田丸と西郷どん

    歴史は覆すことはできない。
    真田丸と同じく西郷どんの結末は
    確定していた。
    それでもその過程をどう描くかが
    大河ドラマである。
    歴史上ははっきり言及されていない
    サイドストーリーにも光を当てることができる。

    真田丸と同じく西郷どんの結末に
    日本人は涙する。
    源義経や新撰組、赤穂浪士も同じだろう。
    日本人は特に判官びいきが好きだ。
    アメリカのハリウッド映画は
    最後には勝利しヒロインとキスして終わるのと
    対照的だ。

    時系列としては大久保の死は西郷の死より
    後の出来事であるがオーバーラップ演出は
    グッと来るものがあった。
    いつしか道を違えた二人が
    最後にたどり着いた終着駅。
    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    148位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    81位
    アクセスランキングを見る>>