記事一覧

    銀魂で元ネタ:レビル将軍の名前が永井になっていた理由

    明らかに見た目がカイシデン(市電)の記者の青年が
    ある老人のもとを訪れる。
    CVも同じ人のようだ。

    その老人は従軍記者として攘夷戦争を戦った
    老齢の元記者であった。
    その男の名は永井。下の名前は明らかではない。
    見た目は機動戦士ガンダムのレビル将軍に似ている。

    なぜレビル将軍のオマージュキャラの名前が永井なのか。
    オリジナルのレビル将軍のフルネームは
    ヨハン・イブラヒム・レビル (Johann Ibrahim Revil) とのこと。

    永井一郎のことを忘れてはならない。
    既にお亡くなりになってしまったがサザエさんの波平だけではなく
    機動戦士ガンダム(ファーストガンダム)ではナレーションを務めた。
    ナレーターだけではなくデギン、ドレンといった名有りのキャラクターの他、
    ホワイトベースに乗り込んだ避難民など、数十人に及ぶ端役の声
    (主に老人役)を担当しており、第13話では「難民キャンプの老婆」役まで担当した。

    CVつながりで永井となったのだろうか。
    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    161位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    86位
    アクセスランキングを見る>>