記事一覧

    半透膜と浸透と透析のメカニズムを知る

    半透膜とは一定サイズ以下の分子量の物質のみが移動できる膜のこと。
    水分子も移動できる。一般にタンパク質は移動できない。
    アミノ酸へと分解されれば移動できる。生体に存在するいろいろな膜、
    小腸の消化膜、糸球体なども半透膜である。

    浸透とは溶液における溶媒、主に水が半透膜を介して一方よりもう一方へと移動すること。
    アセトンのような有機溶媒も溶媒に該当するが生体内においてアセトンが
    入り込むことは死を意味するのでここでの溶媒は主に水とする。

    透析とは溶液における溶質、主に水に溶けている物質が移動すること。
    生理食塩水には当然食塩、ナトリウムイオンと塩化物イオンが含有する。
    そのほか、マグネシウム、カリウムといったイオン、砂糖といった糖が
    溶質として存在している。



    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    121位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    69位
    アクセスランキングを見る>>