記事一覧

    荒野のグルメ3巻に出てきた衣かつぎはきぬかつぎと読む

    里芋を蒸して一部だけ皮を残したもの。
    押し出して食べることで手がべとべとにならずに済む。
    一口サイズなので小さな里芋が用いられる。
    ころもかつぎと思っていたがきぬかつぎとは。

    秋口にのみ出回る「石川早生(いしかわわせ)」という品種のサトイモの子芋自体も
    きぬかつぎと呼ばれている。本来は料理名。
    味付けは塩、みそ、しょうゆなどテキトーのようである。

    千葉県市川市にある中山法華経寺参道の名物である。
    茹でた状態で販売されており、皮を剥いてから塩を付けて食す。

    荒野のグルメではお通しとして登場していたが
    お通しとして出てくるのは非常に珍しいのではないだろうか。
    出身地がどこなのか気になるところ。
    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    121位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    69位
    アクセスランキングを見る>>