記事一覧

    かつやが3月1日からチキンカツとから揚げの合い盛りを販売開始するがチキンはいまいちなことが多い

    かつやといえば圧倒的コスパである。
    1回行くと100円オフクーポンがもらえ、
    行く毎にもらえるので財布からなくなることがない。
    なくなるのは期限が切れる時のみだ。

    ロースカツ定食はしっかりとした一枚肉豚ロースが
    堪能でき、なかなか分厚い。
    価格は税込みで745円だ。
    豚汁もデフォルトで付属する。

    さて、新メニューの価格も同じく745円(定食の場合)なのだが
    かつやの場合豚と鶏で圧倒的格差がある。
    要するにチキンがおいしくないのだ。
    標準メニューのチキンカツ定食は税込み637円と
    豚ロースカツ定食より108円安いのだが
    満足度は108円を埋められない。

    新メニューはからあげが付いてロースカツ定食と同額ではあるが
    カロリーでは勝るものの、メインがチキンばかりなのは
    どうしても手が伸びないのだ。

    かつやの新メニューがベースがチキンのことが非常に多い。
    恐らく原価率的な問題から豚よりもチキンを売りたいのは
    明白だが衣ばかりでぺらい鶏肉にはうんざりなのだ。

    かつやの鉄板メニューはロースカツ定食で揺るがない。
    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    100位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    62位
    アクセスランキングを見る>>