記事一覧

    ふるさと納税の返礼品は一時所得扱いで税務署から絞られないように

    納税してるのに追徴課税とはこれ如何に?
    ふるさと納税は納税と名が付いているものの、
    実質的には寄付であり、寄付金控除を受けるもの。
    つまり税務署(国税)にとっては邪魔な存在でしかないわけだ。

    ふるさと納税をすることで一定額以上の寄付により
    牛肉やフルーツなど返礼品を受け取ることができるのは
    周知の事実だがこれらの返礼品は一時所得に当たるようだ。

    一時所得の基礎控除額は50万円なのでなかなか50万円を
    超える額の返礼品を受け取る人はいないだろうが
    もしそれに該当する高所得者なら二重にかけて
    税務署の追及リスクが高いと言えるだろう。

    クレジットカードのポイントや
    航空会社のマイル、更にはスーパーマーケットの買い物ポイントも
    一時所得に該当する。
    さすがにnanacoポイントを一時所得に計上したことはないが
    それらを合算すると50万円を超える層も存在するようだ。
    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    143位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    84位
    アクセスランキングを見る>>