記事一覧

    約束のネバーランド、イザベラの苦悩と消せない過去

    エマたちが崖を越えて逃げたとき
    イザベラは過去を思い出していた。
    自分も一度は崖を挑んだが
    諦めてしまったこと。
    親友が出荷されるのを見送ったこと。
    ママとなることを選択し子どもを産んだこと。
    こどもたちをいとおしく育てたこと。
    たとえ出荷される未来でも
    少しでも長く幸せに暮らしてほしい、
    その気持ちはホンものだっただろう。
    恐らく生まれてすぐに実の子とは
    引き離されただろうが
    こどもたちに実の子の姿を重ねただろう。

    レイはイザベラの実の子だった。
    レイは生まれてから全ての記憶を
    覚えていた。イザベラが実の母親であることも。

    少しでも長く生きるためにママとなった。
    しかしイザベラは幸せに生きたので
    もう終わりでもいいと感じた。
    エマやレイを見送るイザベラの
    表情は優しいママであった。

    第二期は2020年とかなりインターバルが
    空くが原作の関係でやむを得ないのかな。
    待ち遠しいものだ。
    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    156位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    83位
    アクセスランキングを見る>>