記事一覧

    リトバスエンディング局「Alicemagic」は消えゆく小鞠ちゃんから二人へのメッセージ、さよならを伝えないが泣ける

    消えゆく世界で二人、理樹と鈴の背中を押して応援する
    小毬ちゃん。

    そう考えると歌詞のひとつひとつが泣ける。
    ジャスラックとか問題があるので
    イチゴ一句記載することはできないのだが
    その中でも「さよならを伝えない」に込められた想いとは?

    きっとまた会える、だからさよならを伝えない。
    ではないのだよなあ、きっと。
    自分達はもう助からないことを悟って、
    理樹と鈴だけでも強くして生き残らせるために
    みんなは虚構世界を作り上げたのだから。

    さよならを伝えると二人はこの世界から旅立てなくなる、だから伝えない。
    ということだろうか。

    さよならを伝えたい、伝える歌はよくあるけれど
    さよならを伝えないのは珍しい。

    きっと帰れない、というのは恐らく自分たち(小毬たち)が生き残れないという
    生きて帰れないという意味か。

    世界が崩壊しつつも男たち3人とともに最後まで残った小毬ちゃん。
    二人の背中を押すためだけに最後まで残ったのかと
    思うと泣ける。
    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    119位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    67位
    アクセスランキングを見る>>