記事一覧

    祝日法改正により2020年から2月23日が天皇誕生日として祝日となる

    その一方で上皇陛下の誕生日の12月23日は平日となる。

    過去にさかのぼると明治天皇の誕生日は文化の日として、
    昭和天皇の誕生日は昭和の日としてそれぞれ休日となっている一方、
    大正天皇の誕生日である8月31日は平日のままだ。
    戦前は命日の12月25日が休日だったが戦後は平日となった。

    もちろん全ての天皇、126代の誕生日を休日にしていたのでは
    平日がなくなってしまうので調整しなければならないのは確かだ。

    ということで2019年は天皇誕生日が暦として存在しない年となるが
    即位の5月1日、即位礼正殿の儀が行われる10月22日が
    特例休日となるので休日が少ないわけではない。
    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    142位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    79位
    アクセスランキングを見る>>