記事一覧

    配当利益の源泉分離課税と総合課税の選択肢

    株式、債券といった投資での所得に対する所得税は源泉分離課税である。
    源泉分離課税とは、他の所得と分離して一定の税率で税金が源泉徴収され、
    それで納税が完結する課税方式だ。

    配当等に関しては源泉分離課税だけではなく、総合課税の選択も可能。

    総合課税の場合、ほかの所得も含めての累計によって税率が決定される一方、
    源泉分離課税は20.315%固定(所得税15%、住民税5%、復興特別所得税0.315%)
    果たしてどちらがお得なのか?

    配当を含めた課税所得が695万円以下の場合、総合課税を選択するとお得、
    695万円以上の場合は源泉分離課税のほうがおとくなようだ。

    更に株や投資信託などの譲渡損失が発生している場合は
    配当利益と損益通算ができるので配当利益以上の損失が出ている場合は
    源泉分離課税を選択すべし。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    83位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    49位
    アクセスランキングを見る>>