記事一覧

    自由に生きるための必要な水準は金融資産1億円だそうで

    日経マネーの記事の提灯ブログなのでよろしく。
    最近日経マネーが金融資産1億円を貯めるために、といった
    テーマで記事を出している。推している模様。

    金融資産1億円以上で一応は億万長者のステータスを得るのだが
    身近な億万長者はほとんどがイメージしている億万長者な暮らしをしていない。
    例えばフェラーリに乗って毎日キャビアフォアグラを食べるとかは
    正直1億円では不可能だ。その10倍、10億円はないと無理だろう。

    別にフェラーリに乗りたくはないし、キャビアを毎日食べたくもない。
    普通の生活をしてお金に困らないのが金融資産1億円だ。

    人間の幸福度はお金が増えればその分上がるわけではない。
    「お金の限界効用の逓減(ていげん)」と言うようだ。
    この水準となるのが年収で800万円(世帯年収では1500万円)、
    金融資産として1億円だという。

    日本では20世帯に1世帯が億万長者ポジションだという。
    普通に町内に何世帯もいるわけだ。
    それらの世帯が慎ましやかな生活をはた目には送っていると
    感じるだろう、目立つとろくなことがないから。
    なるべくなら金を持っているようには思われたくない。
    宝くじが当たったら群がってくる人々が存在するだけで
    誰しもそう思うのが普通だ。

    金融資産1億円を実現するのに不要なもの、できれば変換したくないのが
    不動産・動産だ。これらは金融資産には属さず、
    金融資産を消費して得られるものだから。
    特に自宅は数千万の金融資産(住宅ローン含む)を消費してしまう。
    動産の中で代表的なのが自動車だがこれでも数百万を消費する。

    もっとも、ライフオブクオリティをある程度維持するには
    自宅と自動車は必要だと感じる世帯がほとんどなので
    金融資産を優先しすぎるばかりにライフオブクオリティが下がっては
    本末転倒だ。無理のない範囲で自宅と自動車に費用をかけるのが望ましい。
    自宅と自動車は経年劣化によりどんどん価値が落ちていく(土地は除く)。
    その下落幅は1年間で数百万円に上るだろう。
    1年間で貯めた金融資産数百万円をそっくり消し飛ばすほどの下落である。
    そう考えると自宅と自動車は買うべきではないと思えてしまうが
    QOLには勝てない。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    114位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    67位
    アクセスランキングを見る>>