記事一覧

    コストコ電子レンジでポップコーンの失敗しないレンチン方法を解説するぞ

    アメリカンスーパーコストコで人気なのが電子レンジでチンするポップコーン。
    44袋というとてつもない量なのが玉に瑕だが
    その分コストパフォーマンスは抜群に良い。

    圧縮された袋の中にはとうもろこしの粒とバター的なものがぎっしり詰まっていて
    1袋およそ100グラム弱はある。

    パッケージには電子レンジ500wで2分30秒加熱と記載されているが
    どうやらアメリカUSAの電子レンジでの試験結果のようで
    日本の家電とは出力が異なるのかどうなのか、実際には不十分なことが多い。

    自分で実験したところ、500wにて3分30秒がベストかなという一定の評価は
    出たのだが恐らく自宅の電子レンジ機種によって異なるので一概には言えない。
    ちなみに自宅の電子レンジは日立のやつ。型番は面倒なので記載しないよ。

    出力は恐らく弱い方がいいがさすがに200Wでは時間がかかりすぎるので
    実験していない。600W、800Wにも設定できるが高出力だと
    焦げる割合が高くなるのは必定なので500Wがベストだと考える。

    時間が不足しているとポップしてない粒が大量に残ってしまうし、
    時間が長すぎると焦げて苦くなったのは大量に出てしまう。
    ほぼ全てをポップさせつつ、焦げない程度の時間調節が必要だ。

    実際には全てをポップさせるのは不可能。どうやってもポップしない
    ガンコな粒は絶対に存在する。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    89位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    52位
    アクセスランキングを見る>>