記事一覧

    英語圏でのナードとギークの違いを比較検討した

    どちらも意味合いとしては日本語でのオタク、特定の知識に偏った
    造詣がある人物を指す。とりわけコンピュータやインターネット技術に時間を費やし
    深い知識を持つ者を特徴づける用語だ。

    ギークは肯定的な意味(卓越した能力が強調される)である一方、
    ナードは否定的な意味(趣味に没頭してコミュニケーション能力が欠如している、協調性がないなど)
    で使われる。

    なので自分はナードではなくギークだと主張するオタクが存在する。

    日本語でのオタクはどちらかというとナードに近い意味であり、
    ギークに近い日本語は職人、であろうか。

    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    73位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    47位
    アクセスランキングを見る>>