記事一覧

    コストコのクロワッサンはレギュラーよりラグジュアリーミニを選択した方がいい理由

    コストコにはレギュラー商品としてクロワッサン系ブレッドが
    3種類販売されている。

    ・レギュラークロワッサン12個(899円)→69.2円/個
    ・ラグジュアリーミニクロワッサン20個(899円)→44.95円/個
    ・パンオショコラサヴ―ル24個(998円)→41.6円/個

    1個当たりの値段はレギュラーが最もサイズが大きいので高いのは
    まあ仕方ない。

    チョコが入ったパンオショコラはまあ置いておいて
    なぜレギュラーよりラグジュアリーミニを選択すべきなのか。

    それは一重に圧倒的サクサク感が異なるからだ。

    ラグジュアリーはレギュラーに比べてバター配分比率が高く、
    生地の熟成、練りこみ具合も上なのでとにかくサクサク感がすごい。
    それに比べるとなんとレギュラーの貧相なことか。
    まあサイズはレギュラー1個でラグジュアリー2個分くらいあるので
    重量あたりコスパは最強なのだがラグジュアリー感には勝てない。

    ちなみにパンオショコラはチョコメインなのでサクサク感を味わえるものではない。
    デニッシュ生地、クロワッサン系な菓子パンである。

    まあサクサク具合といったら街中のパン屋さん、フォルクスには敵わないのだが
    コストコクロワッサン系では最強である。

    サクサク度(バター配分比率度)

    街中のパン屋さん(まあいろいろあるが平均として)、フォルクス
    >ラグジュアリーミニ>レギュラー>ヤマザキのクロワッサンの形したパン

    それにしてもよくあるクロワッサンの形をしただけの
    全然サクサクしないパンはやめてほしいよな。
    サンゴヘビと間違えてニセサンゴヘビにビビってる獣のようなものだ。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    88位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    55位
    アクセスランキングを見る>>