記事一覧

    新型コロナウイルス感染症、政府は2週間後にピークアウトを目指すがその意味は

    猛威を振るっている新型コロナウイルス感染症、コビド19(COVID-19)。
    誰もコビド19という名称を使っていないのであるが。

    日本政府は4月8日から大都市圏に非常事態宣言を発動し、
    2週間後にはピークアウトを目指すとしている。

    さて「ピークアウト」とはどういう意味だろうか。

    もともと経済用語で株価が最高値を付けた後に下落する局面のことを指している。
    感染症におけるピークアウトは感染者数が最高値から下落していく局面ということになる。

    専門家は2週間後のピークアウトには懐疑的だ。
    現状は自粛レベルであり、各企業の一斉休業には至っていない。
    子どもたちの学校は休校となっているが大人が動いていたのでは効果は限定的だ。

    4月8日の二週間後は4月22日。
    4月8日時点で1日の新規感染者数は500人を超えているが
    ここから先は毎日2倍をも想定せざるを得ないだろう。
    検査母数が限られているので1日新規感染者数は1万人を超えることは
    ないだろうがそれはただ検査されていない感染者が多数存在することを意味する。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    102位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    62位
    アクセスランキングを見る>>