記事一覧

    Amazonビデオで初期(1972年)のドリフ全員集合を見たが

    コント20分、歌40分くらいでほとんど歌番組だった。
    荒井注がいて志村がいない時代。
    オープニングのエンヤーコラヤは既に存在。

    ボケは荒井注と加藤が中心で仲本とブーは少々。
    ツッコミは一貫してイカリヤ。
    イカリヤはツッコミ言葉だけでなく動きも軽快。
    まあ若いもんね。

    カトウ茶のちょっとだけよは既に存在していた。

    コントはボケとボケのインターバルが長いというか
    小道具の片づけを自分達でやってるので
    どうしても隙間時間が気になってしまう。
    これも時代なのか。

    広い舞台の一部だけで人形劇をやるとかなかなかにシュールなのだが
    コスト的な問題なのか。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    87位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    52位
    アクセスランキングを見る>>