事業用と非事業用での減価償却の違い - ヒーローウォーズ攻略投資透析情報局

    記事一覧

    事業用と非事業用での減価償却の違い

    自宅の耐用年数と償却率について

    事業用達物の場合

    減価償却費=(建物の購入代価・建築費等)×0.9×(耐用年数に対応する償却率)×経過総月数/12

    非事業用(自己の居住用等)建物の場合

    減価償却費=(建物の購入代価・建築費等)×0.9×(耐用年数の1.5倍の年数に対応する償却率)×経過年数

    木造、合成樹脂造の場合、耐用年数22年(償却率0.046)
    その1.5倍は33年(償却率0.031)

    で計算することができる。
    掛金払うのやめました。


    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    14位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    12位
    アクセスランキングを見る>>