記事一覧

    糖を脂肪に変えるBMAL1タンパクが最も低活性になるのは午後2時

    スポンサードリンク

    ビーマルワンというタンパク質は過剰な糖を脂肪に変える、
    要するに太るタンパク質だ。

    ビーマルワンが最も低活性になるのは午後2時なので
    食事やおやつを摂取するのが最も都合のいい時間だ。

    ランチタイムより2 時間遅いので飲食店も比較的空いている。

    もちろん過剰な糖を摂取しないのがベストだが
    実際には難しい。

    3時のおやつは理にかなったものと言える。

    食事前に一口のチョコは過食を防ぐのに最適である。
    カカオ成分が高いほうが効果的だが
    普通のミルクチョコでも適量なら問題ない。

    純粋なチョコより小麦粉が入ったチョコスナック系は
    糖質過剰になりやすいので
    ポッキー也キットカットより明治ミルクチョコが良い。
    関連記事

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    102位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    62位
    アクセスランキングを見る>>