記事一覧

    内容証明郵便を送るだけで相手がビビると思っているのは無能

    内容証明郵便はその名の通り「記載内容を郵便局が証明する郵便文書」であるが
    それを送るだけで相手がビビって要求に応じるようになると思っているのは
    何も知らない無能だと言える。

    内容証明郵便はその後民事訴訟に移行した段階で
    証拠とするために作成送付するもので
    内容証明郵便単独では何の威力もない。

    ぱっと見威圧的なので何も知らない人ならビビらせられるかもしれないが
    ある程度知識がある人なら普通にスルー推奨。

    その後の民事訴訟はいろいろなコスト(費用だけでなく時間的なものも)が
    かかるので二の足を踏む人がほとんど。

    内容証明郵便を出すのにはそれなりに高い金がかかるが
    民事訴訟を見据えていなければ意味のない出費となる。
    (内容証明郵便に相手がビビって要求に応じてくれれば儲けものだが
    上述の通り知っている人には意味がない)

    民事訴訟を見据えているという意味では弁護士に
    依頼するのはまあ意味がある。
    ただし費用対効果は疑問視。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    92位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    56位
    アクセスランキングを見る>>