記事一覧

    持続化給付金は雑収入で仕訳し、課税所得になるが半月休んで100万円もらえるのなら

    持続化給付金の支給条件は本年12月までの1か月において
    売上が半分未満に落ち込んだ月が存在していること。

    要するに意図的に概ね半月ちょっと休業すれば
    大体売上は昨年の半分未満となり
    給付条件を満たせる。

    月収(売上-経費)が200万円以上ならば損益分岐点にかかるが
    半月間仕事せずに100万円もらえるのなら普通は休業を選択する。
    ただし、半月の休業によって顧客離れが生じる可能性も否定できない。

    ここで気を付けなければならないのは持続化給付金は課税所得であるということ。
    もらった給付金は「雑収入」として売上に計上され、
    年間の売上を元に所得税を計算することになる。

    なのでガチで売上が落ち込んでいる業種ならば年間売上も低く、
    所得税も安く抑えられるが給付を目的として半月意図的に休業する場合は
    所得税は抑えることができずがっつり支払うことになる模様。

    小規模企業共済、経営セーフティ共済をフル活用して
    乗り切るしかない。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    100位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    60位
    アクセスランキングを見る>>