記事一覧

    経営セーフティ共済(中小企業倒産防止共済)による節税注意点と仕訳登録方法

    経営セーフティ共済の月額の最高掛金は20万円なので、
    年間合計240万円となり全額が損金(経費)算入可能。

    加えて全額年払い(前納)にすると前納引き落としまでの2か月分を加えて
    280万円が引き落としとなり、全額が当年の経費算入となる。

    従って経営セーフティ共済では最高280万円の経費が捻出できるのだ。

    罠としては掛け金を受け取った際は事業所得として登録することになる。
    タイミングによっては所得税が急増する要因となってしまうので
    受け取りタイミングには注意しなければならない。

    気になる仕訳登録方法だが、「損害保険料」に補助科目として
    「経営セーフティ共済掛金」と設定した上で登録するのが良さげである。
    傾城セーフティ共済の前提としては関連企業倒産による売掛金回収不能を
    防止するため、なので損害保険料が相応しい。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    84位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    51位
    アクセスランキングを見る>>