記事一覧

    2020年4月~6月期GDP、戦後最低の-27.6%を記録

    新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大による
    経済停滞によって2020年4月~6月期のGDP成長が
    -27.6%と戦後最低を記録した。

    飲食業、観光業、宿泊業を中心として営業自粛が長期化したことが
    主因と思われる。

    7月~9月期においてもこれと同程度の値が出ることが予想される。

    GDPマイナス成長は日本国内だけでなく世界中で拡大している。

    一方で日本の貿易黒字は世界的な輸出入激減により
    縮小傾向となっているようだ。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    24位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    16位
    アクセスランキングを見る>>