記事一覧

    抗生物質スルタミシリンとクロストレジウム腸炎

    先週のアンサングシンデレラを今更視聴したので
    その話題として。

    抗生物質が効かない多剤耐性菌を疑われる患者。
    調べたところスルタミシリンを連日服用していたことが判明。
    スルタミシリンは製品名ユナシン(先発品)で知られる。

    患者は飲んでいないし知らないと言い張る。

    クロストレジウム腸炎は抗生物質の連用により
    腸内細菌バランスが変調し普通は増殖しない
    クロストレジウムという菌が増えすぎて起こる腸炎。

    抗生物質は無駄に処方してはいけないが
    開業医は患者に言われるままに処方しがち。
    でないとあそこはロクに薬もくれないと
    悪評が広まり経営に影響してしまうからだ。

    そしてなぜか病院薬剤師が開業医のところへ
    直接乗り込んで処方内容を聞きに行く。
    電話でいいんじゃないか?
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    82位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    50位
    アクセスランキングを見る>>