記事一覧

    初心者から始めるゴルフレッスン②「右足は動かさないようにやや内また気味に」

    スタンスからトップにかけて右足にパワーを充填しているのだが
    右足が動くとパワーが逃げてしまいへなちょこスイングになってしまう。
    なので右足は決して動かしてはならない。

    それでも動きがちなので対策として右足を通常よりやや内向き(内また側に)に
    するのが良さげだ。

    一方で左足はダウンスイングで動き出しやすいようにトップで
    やや曲がっている状態が望ましい。

    インパクト後のフォロースルーで右足は左足側にくっつく感じ。

    しっかりした踏ん張りを維持するためにゴルフシューズはそこそこいいものを
    用意した方がいい。スニーカーでもできなくはないができれば
    ゴルフシューズが望ましい。

    いろいろ足のことを書いたが正直腕の部分(①)の方が圧倒的に重要だ。
    実際には膝を付いた中腰体勢であっても腕の部分(握り、コック)が
    ちゃんとしていればそれなり球はまっすぐ飛んでいくという。
    やったことないけど。

    なので球が右にしか行かない初心者はまずは足の部分は捨てて
    握りとコックを最大限注意してほしい。
    ゴルフの90%がそこにかかっていると言っても過言ではない、気もする。

    大体のクラブでなんとなくまっすぐ飛ぶけど飛距離が出ない、
    となった時点で足のことを見直せばいい気がする。

    野球も剣道もたぶんテニスも卓球もそうだと思うが
    素振り10000回とはよく言ったものだ。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    91位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    55位
    アクセスランキングを見る>>